月の砂漠記

デザイナーの持続可能な働き方と、ヴィーガン生活のブログ

月の砂漠

第5回価値創造デザインフォーラム デザイン駆動工学

f:id:yuramaki:20191221213843j:image

第5回価値創造デザインフォーラム
デザイン駆動工学
Design-Led Engineering
へ参加してきました。

 

f:id:yuramaki:20191222114330j:image

東京大学 生産技術研究所
山中俊治 教授 のスケッチを見かけて、
これはご本人に会わなければ!!と
ピンときて4日前に迷わずブッキング。

 

(ちなみに東京大学は、私の父方のお爺さんの母校。これも縁を感じます^^)

 

f:id:yuramaki:20191222114400j:image

フォーラムでは、2つのテーマ
「工学が研究室を飛び出し未来を作る為には?」
「デザインエンジニアリングを実践する人材を育てるには、どのような教育が必要か?」

 

に対し、スペシャリストが
毛細血管、翻訳研究、UI、プロダクト...
7つのジャンルから
広く深く答えてくださいました。

f:id:yuramaki:20191222114511j:image
f:id:yuramaki:20191222114514j:image
f:id:yuramaki:20191222114501j:image
f:id:yuramaki:20191222114505j:image
f:id:yuramaki:20191222114508j:image

f:id:yuramaki:20191222212204j:image
f:id:yuramaki:20191222212202j:image

 

お話を聞く中で、

工学研究とデザインの最先端を
世界をまたにかけて走る人々が、
デザインエンジニアリング と教育に
必要と思い実践していることとゴール。

そして、
私たち.. 齋藤 セシリアかおる さんらと
「Artlosophy 感性教育研究」として
やってきて目指していることが

 

さまざまな研究者の視点から、
輪郭を描くように重なっていて
嬉しくて泣きました。

 

f:id:yuramaki:20191222114551j:image
f:id:yuramaki:20191222114548j:image

終わって、山中教授に
感極まりながらお話しして 

 

「クリエイティブ教育のためには、
個人の深層の価値観を
解放することが大事。」

「デザインとは、人と物の
幸福な体験を実現すること」

という考え方にとても共感したこと。

 

桑沢デザイン研究所卒業生で、
上2つにフォーカスした
ワークショップを
やっていることをお伝えしました。

 

桑沢デザイン研究所関係の方に、そうおっしゃっていただけて嬉しいです」

 

うわーん。嬉し泣きです。

 

私のやるべきことを、
いろんな方が何歩も先から言語化して、
教えてもらった...
たくさんたくさん課題をいただいた、
とても良い時間でした。

いただいたエネルギー
回していきます!頑張ります!^^

 

#東京大学生産技術研究所
#DLX
#感性教育
#Artlosophy
#桑沢

 

 

サステナブル デザインスタジオ HANDS

https://yuramaki.com/

 

毎夏、桑沢デザイン研究所で開催しているワークショップを、海外で開催予定です。

...続報をお待ちください!