月の砂漠記

デザイナーの持続可能な働き方と、ヴィーガン生活のブログ

月の砂漠

デザインは関係性を作るもの

 

f:id:yuramaki:20190517221543j:plain

デザインってなんだろう?

って、思う方、多いかなーと思います。

デザイナーは一緒に考えるというより、一件おいくら、修正何回まで、とプリペイドカードみたいに考えたり。

放っておいたら電子レンジみたいチーン!と出てくるとか、言ったままに清書してくれるオペレーター?

と思われてる方が多いので、私はこうだというのを、改めました。

 

 

名刺や、立体。

チラシ、ポスター。

ツイッターのアイコン。ヘッダー。

 

オーダーされる方は

物を作りたい、というより


制作を通じて、

ご自身の人生における

仕事の形やゴール、

表現の可能性を探りたいことが大半です。

 


なので、私は最初に

「これからどういう関係を作っていきたいのかなー、お話きかせてくださーい!」って

やります。

 

そして、どんなふうにやりとりするのが、いいかな~。と考えます。

 


たとえば、一口に言って名刺、といってもいろいろありますから、、


使うシチュエーション、

活躍の場、これから築きたい人間関係、

全世界や環境との関わり方によって


全部変わってきます。決まってきます。


色。フォント。余白の使い方。写真を入れるべきか。紙の質はどうするか?

 

折るのであれば、それを前提にして、読まれる順番を頭に入れて、組まなければなりません。

 

要素、たくさんあるんです~。

 

作ったら終わり、ではないですから。
デザインは手段です。
手段は、自分のいきたい人生にするためのやり方です。

 

 
だから、こうした要件をまず伺ってみると。

 

案をそもそもどれくらい数やってみるのがいい決めた方がいいかな?とか。 

作る者同士だったら、対面でワイワイ2時間その場で作ってみたほうがスムーズかな?

 
なんてことが、いっぱい、人の数だけ出てきます!

 

依頼者によって変わるので、最初から決めてかかることなんて、できない!

 

真面目かな?モチベーションが高い?

いや、私はこういうことが楽しいから、真剣に楽しくやっています〜。

こうして、小さな頃夢中になった遊びのように、一緒に世界観を作っていこうとすることが、デザインだと私は考えています^^

 

 

 

おしりのお知らせコーナー

・8/16(金) - 8/17(土) 東京 渋谷でワークショップ開催します!

桑沢デザイン研究所 夏期特別講座「はてな?が育てる想像力・創造性ーデザインにはなぜ哲学が必要なのか」

今、Webサイトとチラシを準備中です。今月末にはオープン予定!

 

わたしのウェブサイトは、少しずつ改修中です。もう少しお待ちくださいね^^

http://yuramaki.com