月の砂漠記

造形とヴィーガン生活のブログ

月の砂漠

楽器のネーミングセンスが大好き

土曜日、助手席で半分寝てる時に旦那さんが「エレドラ買っていい?!」。

諸々聞いた上で「良いよー!」と言ったその足で夜イケベに行き、ど初心者なりに選んで、店員さんが電子ドラム持ってる人でいい話できたのもあってすぐ決まった。

2日後に届きました。こんなにでかいものが!いやーすごい世の中。

 

そんな総勢25キロの要塞を組み立てる時、こんなのがあったんですよ〜!

 

f:id:yuramaki:20190917190026j:image

ノイズイーターって可愛すぎ!!!

食べてる〜!!!

正体は、バスドラムの振動と騒音を抑える敷物です。ただのマットと名付けないでノイズイーターにするセンスが素晴らしい!もう組み立てる前から楽しい。

 

f:id:yuramaki:20190917190031j:image

キックペダルなんかこれ!

アイアンコブラですよ!!「これコブラに似てない〜?」「じゃあ鉄のコブラだな」なんて決めたんだろうか?ステキな仕事!

呼んだ時の響きを楽しんでるこの感覚がとても大好き。

 

呼び名って、作る人も、売る人も、運ぶ人も、使う人もみんな使う。楽しく名付けたら楽しい響きがどこまでも響いてくんだなーと感動した。

こうして手元に届いてわたしが楽しくなったから、実感がある。名前の大事さも改めてすごく感じた。

 

f:id:yuramaki:20190917190111j:image

いつでも叩けるぞ!(たまに借りてます)

人間の感情が現実を形作る

興味深い記事を見つけたので、google翻訳ですがご紹介。
将来こういうの、するする訳せるようになりたいですね。

さて内容は、
人間の感情が現実を形作る。
という発見。

私たちは自分の気持ち(感情)でいろんな事象を選び取り、現実にしています。

全ての行動は、心ありきなんですよね。

感情がドヨーンとしてると、心配して言ってくれていることにも追い詰められ、もっとしんどいことばかり選んだり。

楽しい時は、どんなことも前向きにサバサバとらえて進んでいけたり。

感情が現実に働きかけていることは、とても大きい。

 

原文はこちら。

www.lifecoachcode.com

 

以下、簡易翻訳---

 

新しい研究者が科学者に衝撃を与える:人間の感情が物理的に現実を形作る!
2017年2月26日


科学者のさまざまなチームによって行われた3つの異なる研究は、本当に驚くべきことを証明しました。しかし、新しい研究がこれらの3つの発見を結び付けたとき、衝撃的な何かがわかりました。

人間の感情は文字通り私たちの周りの世界を形作っています。私たちの世界に対する認識だけでなく、現実そのもの。

感情が現実を形作る

最初の実験では、密閉容器で隔離されたヒトDNAが被験者の近くに置かれました。科学者たちはドナーに感情的な刺激を与えましたが、その魅力は他の部屋のDNAに影響を与えました。

否定的な感情の存在下で、DNAは引き締められました。肯定的な感情が存在する場合、DNAのコイルはリラックスしました。


科学者は、「人間の感情は従来の物理法則に反する効果を生み出す」と結論付けました。

感情は現実に影響を与える

2番目の、類似しているが無関係の実験では、異なるグループの科学者がドナーから白血球(白血球)を抽出し、電気的変化を測定できるようにチャンバーに入れました。

この実験では、ドナーは1つの部屋に配置され、ビデオクリップで構成される「感情的な刺激」を受け、ドナーでさまざまな感情が生成されました。

DNAは同じ建物内の別の部屋に置かれました。ドナーと彼のDNAの両方をモニターし、ドナーが感情的なピークまたは谷(電気的応答で測定)を示したため、DNAはまったく同じ時間に同一の応答を示しました。

遅延時間も送信時間もありませんでした。 DNAのピークと谷は、ドナーのピークと谷を時間的に正確に一致させました。

科学者たちは、ドナーからDNAをどれだけ遠く離れて、この効果を得ることができるかを見たかったのです。 DNAとドナーを50マイル分離した後、テストは停止しましたが、結果は同じでした。遅延時間なし;送信時間なし。

DNAとドナーは同じ時間内に同じ反応を示しました。結論は、ドナーとDNAは空間と時間を超えてコミュニケーションできるということでした。

3番目の実験は、かなり衝撃的なことを証明しました!

科学者はDNAが私たちの物理的な世界に与える影響を観察しました。

私たちの周りの世界を構成する光の光子は、真空内で観察されました。それらの自然な場所は完全にランダムでした。

次に、ヒトDNAを真空に挿入しました。驚いたことに、光子はもはやランダムに作用していませんでした。彼らは正確にDNAの幾何学を追った。

これを研究していた科学者たちは、光子が「驚くほど反直感的」に振る舞うと説明しました。彼らは続けて、「私たちは新しいエネルギー分野の可能性を受け入れることを余儀なくされています!」と言いました。

彼らは、人間のDNAが文字通り私たちの周りの世界を構成する光の光子の振る舞いを形成すると結論付けました!

したがって、新しい研究が行われ、これら3つの科学的主張がすべて結び付けられたとき、科学者はショックを受けました。

彼らは、私たちの感情が私たちのDNAに影響を与え、私たちのDNAが私たちの周りの世界を形作っているなら、私たちの感情は私たちの周りの世界を物理的に変えるという驚くべき認識に至りました。

人間の感情が現実を形作る

それだけでなく、私たちは空間と時間を超えて私たちのDNAにつながっています。

私たちは自分の気持ちでそれを選択することによって、私たちの現実を作成します。

科学はすでに、私たちが住んでいる宇宙についてのかなり衝撃的な事実を証明しています。私たちがしなければならないのは、ドットを接続することです。

 

 

・ゆらまきのWebサイトがリニューアルしました!
粘土などの立体造形、模型、デザインのご相談はお気軽に^^
https://yuramaki.com

食べ応えバッチリ!黒豆ミートボール

f:id:yuramaki:20190906102036j:plain

 

 
菜食になって3年目。
今年は、腎臓がフル活動!

今まで薬や食べ物の分解に
おっかっつで、「力が足りない」と
出しきれてなかった内臓疲れ。

背中や首の痛み
(を出口にするんだね...
弱ったところから出るって
本当かと思ってましたが
身をもって知りました。)
でごっそり出てきてるので、
腎臓いたわりドリンクを
せっせと飲んでます。

それは何かと言うと、黒豆の煮汁!

f:id:yuramaki:20190906105137j:plain

私はめっちゃ効きます。
左半身の不調は大体これで
なんとかなるくらい。

穏やかに効いて、自分でメンテ
できるのはいいんですが、
これ、煮た豆が溜まっていく...。

ふと、わんわん物語
ミートボールスパゲッティを思い出して
ワクワクしたので
今回はこの黒豆で
野菜ミートボールを作りました。

 

食べ応えバッチリ!黒豆ミートボール
Vegan対応)

f:id:yuramaki:20190906093358j:plain

 

 
材料

f:id:yuramaki:20190906104850j:plain

黒豆水煮
・・・500g。
くせのない豆なら黒豆でなくても大体大丈夫。

たまねぎ
・・・1/4カット。
歯ごたえのため入れます。

きのこ
・・・小ぶり椎茸で4つくらい。
旨味要員なので残り物でOK。

パプリカ
・・・1/4カット。
彩りと香り要員なので、残り物でOK。ピーマンなどに変えても◎

 

調味料

ハンバーグシーズニング
・・・1袋。
ナツメグなどのスパイスが効くと一気に美味しくなる。

セージ
・・・ひとつまみ。
ソーセージっぽい香りがして好みで入れてます。

 

つなぎ

片栗粉
・・・大さじ2

パン粉
・・・大さじ2

小麦グルテン(あれば)
・・・大さじ2。
グルテンでお腹にガスの溜まりやすい人は、なくても良いです。代わりに片栗粉を少し増やしたり、まとまりやすさを調整してください。

 

3 Step 作り方

1. 具を全部混ぜる。

2. 調味料とつなぎを全体に振りかけ、フォークでザクザクよく混ぜる。*こねたところで粘りが出ないので、肉みたいに頑張って練らなくていいです。

3. 手でぎゅっと1口サイズの団子にまとめて、250℃オーブンで20分焼く。

f:id:yuramaki:20190906093355j:plain

これくらいできました。

こんがり焼けたら、一部食べて冷凍します。

豆ハンバーグによくある、焼いてもまとまらない問題もこのレシピなら解決。焼いてしまえば、手で持ってもボロけてきません。

ストックしてあると簡単にスパゲッティで済ませたいときなんか、とても楽チンなのです。

ベジ料理はクリエイティブで楽しいね!ぜひ好きな材料混ぜ混ぜして、お楽しみください^^

削る。

 f:id:yuramaki:20190826071623j:image

おはようございます☀

この週末は主に講座のレポートを書いていました。


ざっくり作って削りながら形にする。


削る作業をすると、自分の心のもんやりした輪郭や基準も、削れてシャープになるって、気づいたんですよ!

はー、これは修行だなぁと。どれもこれも、心を形作ってる!


今日も良い一日を😆

黄昏スコープ

f:id:yuramaki:20190817104825j:image

 

f:id:yuramaki:20190817104828j:image

のぞいたら、朝日に透けた黄昏。

いつもそばに、実は見たことのない光景が転がっているのかも。と気づいた朝。

 

https://ws.yuramaki.com/

今日は、桑沢の夏期講座☝️2日目。

 

ご参加の皆様が自分の発掘、うちに入っていく仕事へ集中できるよう、寄り添います。

これも、おもてなしですね。

 

 

🌲今日の気になるニュース

 

・「ザラ」の親会社が2025年までにサステナ素材100%宣言 「われわれはファストファッションとは対極にある」

https://www.wwdjapan.com/articles/903678

ファストファッションのリーダー的企業の宣言。同業界の牽引に。とかくつくって使い捨てで儲けるサイクルは終わりを告げていく予感。

 

・this is Japan- 三越伊勢丹 「もてなしの流儀」渡邉康太郎さん

http://this-is-japan.jp/motenashi/03/

レナード・コーエン わびさび本のあとがきを添えていた渡邉さんのワークショップ。

1を聞いて10を覚える(感ずる)想像力。自分が身を以て体験した想像力だけが、深い共感で相手の心に響くことができる。そして、想像力が共感を引き起こすと仕事になる。ライフワークもビジネスも。

想像力の飛距離を、伸ばそう。

自分の世界を駆け巡ろう。

体験しただけ、伝えられる。

 

・日本企業はマーケティングの奴隷になっている
アートを軸に、 サイエンスを道具として使う時代のビジネス論

https://logmi.jp/business/articles/321349

グローバルニッチ。これからの世界、みんなが資源と富を分け合い、自分の生まれ持った才能で共存できるのは、これだ!

「はてな?が育む」ワークショップ1日目

f:id:yuramaki:20190816173319j:imagef:id:yuramaki:20190816200349j:image

 

KDS 桑沢デザイン研究所
同窓会主催イベント
講師 齋藤セシリアかおる

 

日程 8/16-17
場所 渋谷 桑沢デザイン研究所
ご案内・お申し込み→http://ws.yuramaki.com

 

講座内容
はてなの哲学の2日間では、まず、思考がデザインへ影響を与えることについて、侘び寂びとモダニズムのレクチャーを通して理解を深めます。次に、この理解を土台に、ワークから、新しい次元でデザイン創造のきっかけを知り体験します。

 

◯ 一日目
1. レクチャー :侘び寂びとモダニズムの特徴、違い、ベネフィット、などから、現代の問題に繋がる理由について
– 自分たちデザイナーは現況からどんな影響を受けているのか/打開策はあるのか
– 今 何故 侘び寂びが、ポストモダンと言われているか
– デザインの古くて新しい流れとは
2. ダイアローグ(対話) :侘び寂びモダニズムをたたき台に、デザインする場合、何が課題になるのか。どうしたらよいのか。対話によって探る。

 

◯ 二日目

1. レクチャー :
– 全く異なって見える、物事、要素の関係性の見出し方を知る重要性について
– デザイナーのマインド環境とデザイン思考環境のバランス
– デザイナーのマインド環境のメンテナンスについて

2. ワーク :
9マス思考の使い方を覚える。
それを使い、侘び寂び、モダニズムの合わさる融点を探る/ マインド環境ともバランスさせる方法を知る。

3. ディスカッション :
自分のやりたいデザインと社会が求めるデザインをいかに実現できるか、学んだ知識や、ワークをもとに行う。

4. 質疑応答&体験のシェア :
ポストモダニズムと言われる日本の美意識 侘び寂びが世界的に認められているのは何故か。
– 自分らしいデザインと世の中が求めるデザインをいかにすり合わせるか。

講座のベネフィット メリット

今回のメインテーマ「はてな哲学」や、ツール「 9マス思考」は、以下のベネフィット、メリットを育てる入り口です。正しく入り口が見つけられると、出口=成果に繋がって行きます。


・ベネフィット
1. 9マス思考の、デザイン創造への活用
2. はてな?という問いかけがデザイン創造に役立つ
3. 優先順位や方向性、自分に向いた分野の明確化
4. 分野、視点が違っても共通する点、要素をブレずに統合
5. オリジナルなデザインと社会が求めるデザインを統合


・メリット
1. 長続きするチカラがあるデザイナー への道を見出す
2. デザイナーとしての アイデンティティ、個性、方向性の明確化
3. はてな哲学を人生全般に応用

—-

f:id:yuramaki:20190816200436j:image

 

桑沢デザイン研究所
ワークショップ
はてな?が育む 想像力、創造性」
1日目が終了いたしました。

 

齋藤 セシリアかおる先生、
ありがとうございました!

 

企画の私も、混ざって体験。

この2時間は、

教室の湖の中に、ぽちゃんぽちゃんと。
各々 心に湧き上がり、
感じとったことを投げ込んでいく。

一人一人の波紋が、響き、渡り合い
底に相通ずる感覚を覚える...
そんな空間。

 

みなさん終わったら表情が
柔らかくなってました。

ある方は、心がぷにぷにとして、フレッシュになったようだと語り。

またある方は、大量生産と個性的なものがせめぎ合いながらも同居できることを感じとり。

ある方は、学校の課題に飲み込まれず、自分を駆り立てるものへ立ち返る柔らか。そのきっかけを得たと、お話ししていました。

 

言葉や、私たちが
つい当たり前にしている枠組みの
向こう側にある、
「デザインの種となるもの」を
感じ取っていただけたかと
思っています。

 

明日は、2日目です^^
またよろしくお願い申し上げます。

 

f:id:yuramaki:20190816200439j:image

 

明日は、2日目です^^
またよろしくお願い申し上げます。

行き当たりばっ旅、西伊豆

f:id:yuramaki:20190815195227j:plain


思いついて30分、
旦那氏「携帯全部置いてく!」宣言。
空、海、山の青さを眺める
西伊豆のたびに夫婦で行ってきました。

 

この3つを全部「青い」と呼ぶ感受性は
日本人独特。それを
深く感じる旅でもありました。

どれも無限の深さがあって、
遠く広く、深く、巡り続けているもの。

どの色にも力がある。
その中でも、特に日本の青には、
深遠な循環の力があるのだなぁ...。
そう感じ入らずにはいられない。

 

8/10 22:00 

予約して、そのまま3時間後に泊まれてる。なんとも凄い時代。 

f:id:yuramaki:20190816090644j:plain
コナステイさんにお世話になりました。気持ちのいい建物で快適ー!電気ケトルバルミューダ。寝起きの白湯の美味しいこと。

部屋の中にマイ自転車置き場があったのも印象的でした。チャリダーさんも安心。

 

f:id:yuramaki:20190815195007j:image

 

f:id:yuramaki:20190815195018j:imageレンタサイクルで西伊豆巡りしたかったんですが、朝7時で熱中症になる気温。
足早に車で南へ降りることに。 今度は竹林に行きたい。

 

8/11 8:30

伊豆半島は鉱石資源がとても豊富な場所で、クリスタルガラスの原料や、伊豆石(石材)、黄鉄鉱の転がる浜に、黒曜石なんかも出ています。

黒曜石って聞くと、ワクワクしちゃいますね。ここに縄文人が、石包丁を作りにきてたんだろうなぁ。

 

さて、土肥金山にやってまいりました。

昔の金坑がそのまま残って、蝋人形がふんどし姿で「こんな風に採ってたんだよ」とお迎えしてくれます。中はとても涼しい。

洞窟の背が低くて、私の頭(155cm)よりちょっと高いくらい。江戸時代の人の身長は、だいたい155-170センチくらいだったのかな。
f:id:yuramaki:20190815195036j:image


f:id:yuramaki:20190815195048j:image


f:id:yuramaki:20190815194941j:image

この石からも精製。何十キロのこれからチミっとしか金が取れない。 

 
f:id:yuramaki:20190815195044j:image

切る前のプラモデル。これを一個一個、カットしてたのかと思うと、ため息が出ます。

 

f:id:yuramaki:20190816090358j:plain

金山なだけにインゴットが置いてあります。重すぎてとても片手じゃ持ち上がらない。
 

砂金とり体験。

朝イチで来てこの入りです。金にはダイソン並みの吸引力がある。

f:id:yuramaki:20190815195040j:image


f:id:yuramaki:20190815195014j:image

三度笠のような皿へ山盛りにすくった砂利を、選り分ける。すると、底の方にゴマ粒より小さな金がキラリと残る。

無心に砂山を削って16個採れた。「砂金オババ」の異名を旦那さんからもらう。「砂の声を聴くんじゃよ^^」と返礼。

帰り際、砂金採り番付を発見。リピートして土産用の容器いっぱいにする猛者もいるとか。

誰もが、自分の中から、安定した重心になる、輝くものを掘り出したいんだね。

 

12:00

一気に南端、石廊崎へ。

こんなに緑と青が同居するのって日本くらいなんじゃないかしら。うつくしいなー。 

f:id:yuramaki:20190815195028j:image

天を支えるアトラスのような枯木🙌


f:id:yuramaki:20190815194945j:image

白波が美しいこと!!今回の旅で一番背筋がそわっとした色はこれでした。

 

f:id:yuramaki:20190816090522j:plain

遊覧船の港で。台風で欠航だったので、小さな店に入る。
f:id:yuramaki:20190815195011j:image

地元の漁師のおじちゃんが作った、ところてん。コシがめっちゃあって、こんなに美味しいんだ!ってびっくり。

きな粉をかけたものもいただく。私はそれが好みでした。きな粉の香ばしさの奥からそーっと磯の香りがする。

 

14:00

龍宮窟近くの砂浜。

素足で歩いてたら、気持ちのいいこと!しかし行きはヨイヨイ帰りはなんとやら。日向に入るなり焼けた砂に「あちっあちっあちちち!!」ウサギのように跳ねながら歩く。

足洗い場が道路を挟んだとこにあったんですが、渡らねばならないアスファルトは「やっ!火傷する!!!火渡りか!!!」真夏に犬の散歩はすまいと胸に誓うくらい、あつかった。
f:id:yuramaki:20190815194949j:image

 

f:id:yuramaki:20190815194954j:image

 

f:id:yuramaki:20190815195025j:image

砂が二層になっていて、波が浜を洗うたびに表情が変わる。

美しくていくらでも見ていられます。

 


f:id:yuramaki:20190815194931j:image


f:id:yuramaki:20190815194935j:image

龍宮窟は波に包まれる天然ドーム。座禅を少し組みました。


f:id:yuramaki:20190815195021j:image

灼熱の道路。靴という発明はすごいですよ、、ほんとに。
駐車場の「→」が「❤️」になってるの、いい。その脇にこんがり焼けた、愛想のいいおじちゃんが座ってるのがまたいい風景になってます。

 

15:30

伊豆の踊り子で有名な、河津七滝(かわずななだる)へ。
f:id:yuramaki:20190815194938j:image

わさび丼は、なぜかほんのり甘くて美味しかった。


f:id:yuramaki:20190815195051j:image

涼しくて気持ちよかった。この辺りの宿はそれはそれは静かだろうなあという雰囲気で。ここに泊まってみたいものです。
四国の大歩危小歩危に近い秘境。

 

f:id:yuramaki:20190816090215j:plain

帰り道のこの風景も、結構好きなんですよね。
空に見送られている光景。